忍者ブログ







JNCM


ナザレン国際援助委員会

     
カテゴリー「【被災地】活動記」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

JNCMの活動はNPO法人NCMジャパンに引き継がれました。

おかげさまで、JNCMはNPO法人格を取得し、正式に2015年度よりNPO法人NCMジャパンに引き継がれました。

ここは、震災支援のアーカイブスとしてのブログとして公開を続けます。

震災支援などの最新情報などはこちらをご参照ください。

●非営利活動法人NCMジャパン
http://ncmjapan.org/blog

●Twitterアカウント
NCMJAPAN @ncmjapan

●フェイスブックファンページ
「特定非営利活動法人NCMジャパン」

よろしくお願いします。
PR

フィリピン台風30号ハイヤン支援物資発送

本日、フィリピン台風被害に対する支援物資の発送作業を行いました。


現場からの報告です。

--------------------
今日、全国の皆様がお届けくださった、フィリピン災害復興支援物資を仕分けて、現地に送る作業を行います。
作業のために、成田教会の高橋先生、埼玉のナザレン教会在日フィリピンの皆さま、青年ボランティアが集まってくださいました。心から感謝です。
まずお祈りして作業を始めます。


皆様がお届けくださった物資です。
たくさんの鉛筆やノート(手作りのノートもありました!)
壊れにくいプラスチック製の食器など。



こちらはメッセージカードです。
温かいメッセージに感謝です。




種類ごとに荷物を仕分けて発送します。
分類中...。



箱詰め中......。



箱詰め中......。
下段がノートなどの紙類で、その上に食器や鉛筆です。
一つの箱に、単一の物資ではなく、いろいろな種類を入れなければならないそうです。



発送の事務作業。物資の種類と数、値段を申告して発送します。



発送の事務作業中。
フィリピンの方が手伝ってくださっています。



終わりが見えてきました。
3週間ほどの短い募集期間にも関わらず、全国の20を超える教会が物資をお送りくださいました。皆様の迅速な反応とお働きに感謝です。
物資は今後も募集しておりますので、ぜひこれからもお送りください。

さあ、ラストスパートです。



たくさんの鉛筆。
"300 pencils"







全部で7箱になりました。



無事に今日の作業が終了しました!
成田と埼玉からも遠路ご参加くださり、心から感謝でした。



 


動画で見る6月のナザレン平日ボランティア

毎月行っているナザレン国際援助委員会のボランティアですが、

今回は、東松島に面した宮戸島という島の月浜海岸で海苔養殖の筏作りのお手伝いでした。

こんな感じで作業を行いました。



詳しい写真はこちらから⇒ http://goo.gl/FkMBs


海苔養殖のイカダとはどんなものか、直接漁師さんかれレクチャーしていただきました!



イカダ用のネットの洗い方はこうだ!!


 
 
 

ボランティア枠、残りわずか!!お早めに

ナザレンJNCMではカキの養殖などをされている漁師さんと連携してカキの養殖準備のボランティアを行っています。

作業としては、-ホタテの貝殻を針金で繋ぎます。ホタテの貝の向きやビーズの数を間違えないようにしなくちゃいけません。

とても貴重な体験です。

ちなみに六月のボランティアもこれと同じような作業になります!

どうぞ奮ってご参加下さい!!

ボランティア枠、残りわずか!!お早めに


ボランティア募集はこちら 

http://jncm.iku4.com/Entry/113/





「愛のお菓子プロジェクト」無事終了

JNCMメンバーの篠澤です。

「愛のお菓子プロジェクト」の活動が東松島・宮戸小学校の配布にて無事終了しました。

今回はナザレンJNCM、ナザレンのボランティアを中心に、東松島市・教育委員会、東松島復興協議会、教会の方々、大学生などにも広くご協力いただきました。

大変嬉しく思います。

これにて今回のプロジェクトの被災地コーディネーターの仕事を終える事ができます。

さてこの「愛のお菓子プロジェクト」におけるナザレンの報告は後程させていただきますが、宮戸小学校での配布では数多くのマスコミが来られ、報道されました。

以下にご報告いたします。

--------------------------

被災地の子供たちに「愛の菓子」贈る(東日本放送)




新聞各社の記事をまとめました。



冬季ボランティア活動-1月編-

ボランティアを行っている実行部隊からの報告です。

今回も東松島復興協議会の仕事です。

今日から一月の活動です。(1月23日~27日まで)

今回は東松島・赤井地区の在宅被災者、とくにアパートにお住まいの方への支援の計画です。

アパートに住んでおられる在宅の方は、みなし仮設と混同されたり、他地区から自主避難されがちで特に支援が届きにくいのが現状です。

自宅避難者とみなし仮設の住所の適合作業中。

どこの地域に伺うのかを調べています。

407239_269267016473401_100001703139802_693096_1896322662_n.jpg395727_270059769727459_100001703139802_695251_476159639_n.jpg








404848_269270786473024_100001703139802_693099_608111641_n.jpg








関西学院の学生さんたち、岡山・水島から届いた湯たんぽです(=´∀`)人(´∀`=)

403697_269272043139565_100001703139802_693103_1989476401_n.jpg








熊本の方からの足拭きマットと、京都の方からのマフラーです。

398585_269272539806182_100001703139802_693104_848280679_n.jpg








横浜、青葉台の方から。暖かい毛布(o^^o)


実際に配布もします。この日の気温-4℃でした。

397775_270064659726970_100001703139802_695256_127337062_n.jpg396335_270071786392924_100001703139802_695266_1906096844_n.jpg








404571_270093746390728_100001703139802_695342_981088124_n.jpg








配布をしていたら被災者の方から「どうぞ」といただきました。

この心遣いで私たちは救われます♪

402220_269484416451661_100001703139802_693656_1939589607_n.jpg






活動終了&夕食後にミーティングをしています。活動の中で感じたことを、自由に話して気持ちを分かち合う会です。
言葉にすることで、気持ちを整理することに役立ちます。(むりに気持ちを話す必要もありません。今で話したいことを話す会です)

400116_269497036450399_100001703139802_693709_1572197510_n.jpg








食事のボランティアをしてくださる方もいて本当に感謝です。


東松島は雪で除雪作業して、仙台から行くとかなり混んでいました。。。

仮設住宅・みなし仮設・自宅避難者のカテゴリーに入っていない人がいる事を皆さん知ってください。

そのような方は全く支援が届いていません

そして震災後、一度も支援を受けていない方が現実にいるのです。


Power of Sweet's message プロジェクト × 全菓連

JNCMが協賛しているまたメンバーとなっているプロジェクトです。

どうぞご賛同いただければ幸いです。

関西学院・上智大学の学生達、また高校生たちが協力してくれる事となりました!!

感謝しております。                           

-----------------

全国お菓子工業組合連合会(全菓連)

Power of Sweet’s Message実行委員会

愛の菓子 Power of Sweet’s Message


お菓子と共に応援メッセージを被災地の子どもたちに届けます



●趣旨

被災地の子どもたちにスイーツ(愛の菓子)と励ましのメッセージを送りたいと、全菓連(全国菓子工業組合連合会)青年部が立ち上がり、平成24年2月20 日(月)~21日(火)に被害の大きかった3県(岩手、宮城、福島)に無料配布(「愛の菓子」)する予定です。配布するお菓子は全国から集まった約14万 個(トラック100台程度)。手書きカードを添え、震災から1年がんばった6万人の子どもたちにプレゼントします。

場所は3県の現地小学校などを予定しています。

Power of Sweet’s Message実行委員会(http://sw-message.net/)は応援メッセージカードを集め、全菓連とコラボレーションし、このプロジェクトを行います。

誠にご多忙中と存じますが、様々な方にお伝え頂ければ幸いです。     



●この働きの特徴

・全国規模で被災地の子どもたちを応援します。

全菓連(全国菓子工業組合連合会)青年部が主催し、全国(沖縄を除く各都道府県)からお菓子が集まります。応援メッセージ応募カードは全国の全菓連加盟店にあります。ホームページからダウンロードも可能。全国の人々の被災地を思うこころを形にして届けます。



・個人でも団体でも、どなたでも自由に参加できます。

被災地の子どもたちを思う時、遠い距離感を感じる方も多いかもしれません。

なかなか被災地には行けない、義援金も難しいという人もメッセージカードを

書くことで被災地と近くつながることができます。子どもから大人までどなたでも簡単に

参加できる素敵なプログラムです。記入後はカードをもらったお菓子屋さんに

お持ちくださるか、全菓連青年部まで郵送ください。

団体参加はホームページから100枚単位で申し込むとカードが送付されます。



●開催の経緯

Power of Sweet’s Messageの働きは、3.11東日本大震災がおきた翌週より、被災地にお菓子を贈ろうとしたお菓子屋さんにカードを添えてほしいとお願いした高校生の行動からはじまりました。

特に受験シーズンでお菓子に書かれてあった優しいメッセージに励まされた経験から、震災直後、被災地のためにと関西の高校性が自主的にカードを書きはじめ (読売新聞 関西版3月20日掲載)お菓子と共に優しさと元気を送りました。被災地では大変よろこばれ、温かいお手紙をいただきました。今回は全菓連との コラボレーションで全国規模の震災復興プロジェクトとなり準備を進めています。

●今後の予定

1月~2月初旬:ホームページ、動画稼働、全菓連各店舗でカード配布回収、(目標6万枚)

2月~カードとお菓子の配布準備

2月18日:全国から現地にお菓子集荷(賞味期限2月28日以降のもの)

2月20日:福島県にて配布(全菓連の大会に合流)

2月21日:宮城県、岩手県にて配布

●この件に関する問い合わせ先

・全国菓子工業組合連合会 青年部 〒107-0062 東京都港区南青山5-12-4(全菓連ビル)

(090--8385-9011中島まで)   http://www.zenkaren.net/

・Power of Sweet’s Message事務局 〒581-0071大阪府八尾市北久宝寺2-2-1 株式会社中島大祥堂内 ●ホームページ  Power of Sweet’s Message  http://sw-message.net/  




JNCMは彼らを応援しています

奥松島
月浜海苔生産group 【月光】
バナー

JNCMも一口オーナーになりました

【被災地:東松島で2011年4月上旬より支援活動を展開】

これまでのボランティア派遣数

延べ1131
(301人-1期間-)

会社員、学生(早稲田・上智・京大・関西学院・同志社など15校以上)、高校生、小学生、フリーター、警察官、教員、牧師、会社社長、介護士、弁護士、主婦、管理栄養士、調理師、メンタル心理士、ニート(自称)、音楽家、青年実業家、コンサルティング関係者、NGO関係者etc..
ボランティア参加は、北は山形・南は沖縄まで全国各地から、外国ではフランス・台湾・アメリカ・中国、香港、オーストラリア、シンガポール etc..
信条、人種・国籍は一切問わず

参加者の最高齢-77歳-
(2012年7月23日現在)

JNCMは
東松島復興協議会幹事団体
です。

JNCM活動‐紹介映像‐

最新コメント

[08/19 篠澤俊一郎]
[08/01 なかぞの]

被災地スケジュール

JNCMの活動はこちら
バナー

寄付のお願い

ゆうちょ銀行
■金融機関コード: 9900
■店番 : 019
■預金種目:当座
■店名: 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
■口座番号:0124334

バナー
ここをクリック

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
ナザレン国際援助委員会
自己紹介:
ナザレン・コンパッショネート・ミニストリーズ(NCM)は、人間の差し迫る必要を考慮に入れ、貧困や無力の根元的な原因となるものに対して、キリスト者の共感の実践を実現していく働きであり、米国に本部を置くナザレン教会が世界中の助けを必要とする人々に手をさしのべるための動力源です。
この目的を達成するために、NCMは助けを必要とする人々に4つのアプローチをもって接しています。

   ① 子どもの育成
   ② 災害援助
   ③ 発展のための教育
   ④ 社会的な変容

○現地責任者・現地事務所
 大瀬勝昭

○総責任者:日本ナザレン教団 
    

    

バーコード

ブログ内検索

Copyright ©  -- JNCM --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]