忍者ブログ







JNCM


ナザレン国際援助委員会

     

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

矢本東小学校卒業式-フィリピンとの交流-

阿部先生より矢本東学校のリポートが入りましたのでお伝えいたします。
 
--------------------
東松島復興協議会の大瀬さんと一緒に、
矢本東小学校の卒業式に出席してまいりましたので、ご連絡させていただきます。
 
100年を超える歴史を持つ小学校の卒業式らしい、
伝統を伝えていくことの重みと喜び。
 
そして別れと旅立ちにある成長を表現した、すばらしい卒業式でした。
 
ソルトさまからのDVD(フィリピンからのビデオレター)ですが、
届いた祝電のスペースのところで、繰り返し写して、
メッセージを誰でも観れるようにしてくださっていました。
 
以上、報告させていただきます。
 
日本ナザレン教団国際援助委員会/仙台富沢キリスト教会
阿部頌栄
 
 
--------------------
 
以下がそのビデオレターです。大変貴重な映像です。
 
どうぞご覧ください。


 
 




<追記>:

このメールをソルトにも届けたところ、以下のような返信がありました。 シェアいたします。

---------------------

阿部先生、
 
ソルト・パヤタスの小川です。
ご連絡を下さいましてありがとうございました。
 
卒業の日を迎えられた6年生の3クラスの子ども達や工藤校長先生のお顔を思い出しながら、読ませていただきました。

フィリピンの子ども達の画像も、その一角で、式に参加させていた だいていたと思うと感激です。
 
お忙しい中、先生方がそのように セッティングして下さったことに対して、工藤先生にもお礼をお伝えしたいと思います。
 
子ども達の交流が、このような形で可能となりましたのは、篠澤先生、 阿部先生が、学校との縁を結んで下さり、フィリピンについての授業を して下さったり、

その後
久米先生や 災害 ボランティアの方々が 交流を助けて下さったりと 様々な形で、ナザレン教団の皆様に、導き、助けて いただけたおかげだと 思います。
 
自分達は貧しい、だから**できない、自分達には力がない、
 
と思いがちな都市貧困層の子ども達です。

自分達が心をこめて
書いた手紙で、被災地の子ども達が喜んでくれたという体験や
そこで感じた心のつながりは、彼らにとっても喜びとエネルギーになったと思います。

DVDで矢本東小学校に語りかける子ども達の
姿を見て確信しました。
 
本当にありがとうございました。
 
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
特定非営利活動法人ソルト・パヤタス
事務局 小川恵美子
〒811-2307 
福岡県糟屋郡粕屋町原町2-6-1-104
TEL/FAX:092-939-3633
contact@salt.or.tv
ホームページ:http://salt.or.tv/
ソルトショップ⇒ http://saltpayatas.cart.fc2.com/
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■




-----------------------------

※今回の文通プロジェクトでは自身も被災者である川村氏(「教育を考える親たちの会」代表)に本当にお世話になりました。心から感謝申し上げます。  篠澤俊一郎


 
PR

3月ボランティア追加募集!!

3月のボランティアに欠員が発生しましたので、追加募集を行います!!

若干名の募集ですのでどうぞ早めのご応募お待ちしております。


3月のボランティアは七ヶ浜で宿泊です。

七ヶ浜は津波の被害を受けた場所です。

これまでの宿泊場の富沢教会とはまた違った雰囲気でのボランティア活動になるのではないかと思っております。

【募集窓口】

全国共通

E-Mail: naz100th☆yahoo.co.jp (☆を@に変更)

千葉:学園教会 久米


補助アドレス

E-Mail: syukyokaikaku☆hotmail.com (☆を@に変更)

京都:花園教会 篠澤


東松島復興協議会事務員就任&組織体制一新

本日、東松島復興協議会(30団体加盟)の会議が行われ、

その場にてナザレンの大瀬氏が東松島復興協議会の事務員として就任する事が正式決定しました。

大瀬氏は東松島に常駐されます

ナザレンとして大変嬉しいことです。

これからはより被災者の声に耳を傾け、東松島の復興に寄与できればと思っております。

478209_307615385960597_100001364153833_765091_1869853842_o.jpg





右から、東松島復興協議会代表:木村氏(NPO法人東松島まちづくり応援団)、 
東松島復興協議会事務の津田氏(NPO法人東松島まちづくり応援団)、今度事務を務める大瀬氏(JNCM)



477988_332306156805570_191974300838757_861405_953650741_o.jpg







右から、東松島復興協議会事務局長:西田氏(くれ災害ボランティアセンター)、大瀬氏(JNCM)、篠澤師(JNCM)


また新年度に向けて復興協議会の組織体制も一新しました。

以下が人事。

代表:NPO法人東松島まちづくり応援団(木村氏)

副代表:大田区被災地支援ボランティア調整センター(小野氏)

事務局長:くれ災害ボランティアセンター(西田)

監査:JR東労組仙台地方本部(今野氏)
    復興支援団体プラスネオ(中村氏)

幹事団体:
日本ナザレン教団国際援助委員会(篠澤師)
・サポートG(市原氏)
・児童養護施設支援の会(高橋氏)
・教育を考える親たちの会(川村氏)
・災害復興支援コーディネーター蓮笑(田中氏)
・NPO法人ジャパン・プラットフォーム(児玉氏)
・生協(COOP)


ボランティアスケジュールと締切

3月のボランティアも定員となりましたので応募を締め切らせていただきます

キャンセルがでましたら追加募集する事はありえます。


ナザレンのボランティアもおかげさまで、参加者の方々から高評価を頂いております。

そのためボランティアの申し込みも多くなってきております

基本的には申し込み受諾は先着順ですので、定員が埋まり次第、大変不本意ではありますが申し込みをお断りをしなければなりません。

ですのでボランティアに参加されたい方はできる限り早めにご連絡ください

多くの方々にご参加いただきたいと私たちも願っておりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。

4月以降のボランティア日程について発表させていただきます。

●4月 4月16~20日


※ボランティアに参加される方は必ず事前にお近くの社会福祉協議会でボランティア保険(天災型)に加入してください。

冬場は各自、防寒対策はしっかりしてください。かなり寒いです。

防寒用手袋も必要です。カイロも重宝すると思われます。

かなり乾燥します。肌対策・ハンドクリーム等もご用意を!



【ボランティアスケジュール】

●月~金までの詳細
※基本的な日程で、現地リーダーの判断で大幅な変更有り
 
・月曜日:
富沢教会の集合(午後5時半まで)⇒ 事前研修(午後六時半まで)⇒ 午後7時半、夕食
 
・火曜日:
6時半、朝食⇒ 7時、出発⇒ 東松島市にてボランティア⇒ 12時~昼食(各自)

⇒ 東松島市にてボランティア⇒ 6時半、ベース(拠点)到着(夕食)⇒ ミーティング・祈り、自由行動
 
・水曜日
6時半、朝食⇒ 7時、出発⇒ 東松島市にてボランティア⇒ 12時~昼食(各自)

⇒ 東松島市にてボランティア⇒ 6時半、ベース(拠点)到着(夕食)⇒ ミーティング・祈り、自由行動
 
・木曜日
6時半、朝食⇒ 7時、宿出発⇒ 東松島市にてボランティア⇒ 12時~昼食(各自)⇒ 東松島市にてボランティア⇒ 4時半、東松島市出発⇒ 夕食(各自) ⇒富沢教会到着、ミーティング・祈り、スーパー銭湯、お疲れ様会
 
・金曜日
朝食(各自)、ミーティング・祈り⇒9時、解散

※当日、スケジュールの変更があります。


滞在費:朝食3回、夕食3回、宿泊費無料


【募集窓口】

全国共通

E-Mail: naz100th☆yahoo.co.jp (☆を@に変更)

千葉:学園教会 久米


補助アドレス

E-Mail: syukyokaikaku☆hotmail.com (☆を@に変更)

京都:花園教会 篠澤


フォークリフト支援-大学生にできる支援の形-

先日、ナザレンが日産フォークリフト様に依頼していた、【フォークリフト】2台が、

無事宮戸各漁協関係者に贈られました。受け渡しの日程が合わず、ナザレンの関係者は残念ながら出席できませんでした。

DVC00334.jpgDVC00339.jpg






写真には現地担当の復興協議会のメンバーが移っています。


この働きはナザレンJNCMの情報ボランティアによるものです。

そしてこの情報ボランティアには実は!!大学生にお願いしています。

被災地とこのフォークリフトを繋げたのは関西学院大学3年生の白石さんという女の子です。


また以前報告させていただきました漁業支援用コンテナ5個についても

関西学院大学2年生の原田さんという女の子が担当し、今回実際にコンテナを見に行く事ができました。

DSC00274.JPGDSC00275.JPG





右から2番目が原田さん。

DSC00276.JPG





結構でかいコンテナです。これが5個。各浜に設置されています。

関西にいてもできる&大学生にできる支援の形はあります。

彼らの働きは社会人の度肝を抜くほどの営業能力で、今回の情報ボランティアでかなり鍛えられたとの事です。

この経験は、実際に社会にでていっても即戦力となるでしょう。

これからナザレンJNCMでは【情報ボランティア】を行う大学生募集していくつもりです。

とりあえず関西の学生から募っていき、被災地の後方支援を広げていきます。

関西在住で震災支援を行いたい!我こそは!と思う学生さんがいましたら syukyokaikaku@hotmail.com 篠澤 までご連絡ください。

面談・講習をさせていただきます。



「愛のお菓子プロジェクト」無事終了

JNCMメンバーの篠澤です。

「愛のお菓子プロジェクト」の活動が東松島・宮戸小学校の配布にて無事終了しました。

今回はナザレンJNCM、ナザレンのボランティアを中心に、東松島市・教育委員会、東松島復興協議会、教会の方々、大学生などにも広くご協力いただきました。

大変嬉しく思います。

これにて今回のプロジェクトの被災地コーディネーターの仕事を終える事ができます。

さてこの「愛のお菓子プロジェクト」におけるナザレンの報告は後程させていただきますが、宮戸小学校での配布では数多くのマスコミが来られ、報道されました。

以下にご報告いたします。

--------------------------

被災地の子供たちに「愛の菓子」贈る(東日本放送)




新聞各社の記事をまとめました。



被災地の児童にお菓子を届けました!

2012年2月13~17日までのボランティアでは、東松島の全児童にお菓子を配布する活動が行われました!

全国からメッセージカードが届きました。



DSC00091.JPGDSC00092.JPGDSC00093.JPG








DSC00094.JPGDSC00095.JPGDSC00096.JPG







こんな心のこもったカードを子ども達(小・中・高)や社会人の方々が書いてくださいました!


DSC00097.JPG





ボランティアの皆さんにも書いていただきました!

DSC00098.JPG





当日はあまりの段ボールの多さに愕然。。。300ケースです!

DSC00099.JPG







ビニール袋もプロジェクト専用袋です♪

さて作業開始です!!
DSC00100.JPGDSC00101.JPG







DSC00104.JPGDSC00105.JPG







2万8千個ものお菓子を袋に詰めます。気の遠くなりそうな作業です。

DSC00106.JPGDSC00110.JPG







作業は順調に進みました!

DSC00111.JPG







これは小学校に贈る荷物です!

DSC00112.JPG





復興協議会事務局長の西田氏も忙しそうに作業されていました。お疲れ様です!

DSC00113.JPGDSC00114.JPG







短時間でこれほどまでに段ボールのゴミがでてしまいます。これはほんの一部です。


DSC00116.JPG






全国から集められたお菓子、全菓連提供です!

DSC00119.JPG





お昼は矢本運動公園の中にある仮設魚店で注文した海鮮弁当!

なんと!500円です。 あまりの注文の多さに「もう一度、お米炊きます~!」と店員の方。。


DSC00121.JPG





休み時間は、コインバスケットでひと時。。「コインバスケット」を知っている人が少なかった。。

鹿児島はアウェーですか!?


2日目。 各小学校にお菓子を届けました!そして校長先生・教頭先生などにお時間を頂き、

震災直後の様子。 そして現在の様子を語ってくださいました。

DSC00123.JPG





ボランティアチームが2箇所に分かれて活動です!

写真は大曲小学校。

DSC00129.JPGDSC00130.JPG


DSC00132.JPGDSC00137.JPG






DSC00138.JPGDSC00140.JPG





職員室も全くのダメになり、震災直後から

すべて手書きで書類を書き直し

⇒コピーをするために市役所まで自転車で20分かかる

⇒ 1時間かけてひとつの書類を作る。

気の遠くなるような作業を教員の方々は行われたそうです。


DSC00141.JPGDSC00142.JPG





DSC00143.JPGDSC00144.JPG





大曲小学校は津波後3日間孤立したそうで、1枚の食パンを6人で分け合ったそうです。

そして子ども達と共に「アンパンマンのマーチ」を歌ったとの事。今歌い続けているそうです。

歌詞が子ども達に勇気を与えています!

DSC00153.JPG





ふくしまのことも他の被災地では事態を憂いておられました。

DSC00155.JPGDSC00157.JPG





大曲小学校の校長先生と篠澤牧師が同じ大学と言う事で、とても嬉しくなり個人的に一枚!

DSC00159.JPG







ちょっと一休みして、、、「かきラーメン」を食べました。めっちゃ旨かった!!


DSC00161.JPGDSC00163.JPG





続いて、矢本西小学校へ 
ここには津波の被害を受けた子どもと全く受けていない子どもが半々くらいとの事。

現状の色んな難しさを知らされました。

DSC00165.JPG





矢本西小学校は仮設校舎を作るそうです。

DSC00167.JPGDSC00168.JPG





続いて、山の上にある大塩小学校。ここは震災後、後方支援的な役割を果たしました。

DSC00174.JPGDSC00175.JPG







大塩小学校にある天然記念樹を前にボランティアチーム「回文」メンバーで記念写真!

DSC00176.JPG





三日目は、これまた分かれて、写真洗浄チームと東松島復興協議会への出席チームへ

こちらは協議会風景。

段々と協議会が大きいものになってきました。

とりあえず冬物資の配給はひと段落です。

今回のボランティアでも多くの方々に支えられました。


特に教育委員会、全菓連、復興協議会には感謝いたします。



もうひとつのボランティア記録史はフェイスブック上で上げています。

どうぞそちらもご覧ください。

https://www.facebook.com/groups/nazarene.jncm/

JNCMは彼らを応援しています

奥松島
月浜海苔生産group 【月光】
バナー

JNCMも一口オーナーになりました

【被災地:東松島で2011年4月上旬より支援活動を展開】

これまでのボランティア派遣数

延べ1131
(301人-1期間-)

会社員、学生(早稲田・上智・京大・関西学院・同志社など15校以上)、高校生、小学生、フリーター、警察官、教員、牧師、会社社長、介護士、弁護士、主婦、管理栄養士、調理師、メンタル心理士、ニート(自称)、音楽家、青年実業家、コンサルティング関係者、NGO関係者etc..
ボランティア参加は、北は山形・南は沖縄まで全国各地から、外国ではフランス・台湾・アメリカ・中国、香港、オーストラリア、シンガポール etc..
信条、人種・国籍は一切問わず

参加者の最高齢-77歳-
(2012年7月23日現在)

JNCMは
東松島復興協議会幹事団体
です。

JNCM活動‐紹介映像‐

最新コメント

[08/19 篠澤俊一郎]
[08/01 なかぞの]

被災地スケジュール

JNCMの活動はこちら
バナー

寄付のお願い

ゆうちょ銀行
■金融機関コード: 9900
■店番 : 019
■預金種目:当座
■店名: 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
■口座番号:0124334

バナー
ここをクリック

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
ナザレン国際援助委員会
自己紹介:
ナザレン・コンパッショネート・ミニストリーズ(NCM)は、人間の差し迫る必要を考慮に入れ、貧困や無力の根元的な原因となるものに対して、キリスト者の共感の実践を実現していく働きであり、米国に本部を置くナザレン教会が世界中の助けを必要とする人々に手をさしのべるための動力源です。
この目的を達成するために、NCMは助けを必要とする人々に4つのアプローチをもって接しています。

   ① 子どもの育成
   ② 災害援助
   ③ 発展のための教育
   ④ 社会的な変容

○現地責任者・現地事務所
 大瀬勝昭

○総責任者:日本ナザレン教団 
    

    

バーコード

ブログ内検索

Copyright ©  -- JNCM --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]